シャチハタのインクを補充する時の注意点や方法

インクを購入をしたり補充する前に、確認しておいてもらいたいことがあります。
現在、使っているシャチハタのインクと同じものを補充することです。
100均のインクを使用したり、インクの色が違ったり、種類が違うと使用出來なくなることがありますので注意が必要です。
さらに確認してもらいたいのは、印面の汚れを取ることです。
印面が汚れていることで補充してもインクがうまく出ない可能性があるので、セロハンテープに印面をくっつけるなどして汚れを取っておくことです。
インクの種類によっては、補充する時に長時間シャチハタを立てたままにしなければいけないものもあるので、仕事が休みの日など時間に余裕のある時に行うといいですね。
補充する時にインクが垂れてしまうことがあるので、下に紙など敷いてから、平らな所など倒れる心配のない場所で行うことです。
シャチハタやネーム9のインク補充方法は、ネーム9であれば、インキカートリッジを交換するだけです。
補充インキの品番はXLR-9Nとなってます。

事故が発生した場合に備えて労災保険に特別加入
労災保険対象外となる一人親方のための労災保険特別加入をサポートしているのが労災センター共済会

実践で学ぼう!コミュニケーションセミナーでできるビジネスマンに!

当然ですが、運転手も専用スーツを着用して運転してくれるので、まともな会社だと思います。

オリジナルタオル印刷を1枚から格安価格でお届け

豊橋でガラスのトラブルでお困りの方はコチラ
ガラス割れ替え、防犯ガラスへの交換はアートライフに任せましょう。

最新記事

  • シャチハタと言えばインクを入れて使える印鑑型のものを想像しますが、幼稚園や小学生などの子供がいるママ …

    続きはコチラ…

  • 一般の契約ではシャチハタが認められていないのは良く知られています。
    それは、同じ名前の場合、す …

    続きはコチラ…

  • 通常の印鑑であれば1本が数千円したりします。
    また、素材が良い物であれば1本数万円することもあ …

    続きはコチラ…